« 散歩スナップ 取手と龍ヶ崎 12 | トップページ | 散歩スナップ 取手と龍ヶ崎 14 »

2015年11月27日 (金)

散歩スナップ 取手と龍ヶ崎 13

1511271

雨の路地…

1511272

小さな扉…

1511273

敷地の多くが細長…

1511274

立派な樹木…。

間口で税率が決まった時代の敷地なのでしょうか。
通りに面して鰻の寝床のような土地が並んでいます。
そして所々が空き地に。
家々を繋ぐ長い路地に深い味わいがあります。
…雨がいっそう情緒を醸し出しているのかもしれません…。

(画像はクリックで大きくなります…よろしければお試し下さい!)

茨城県竜ヶ崎市界隈(11/8 撮影) α7 Distagon FE35mm f1.4

|

« 散歩スナップ 取手と龍ヶ崎 12 | トップページ | 散歩スナップ 取手と龍ヶ崎 14 »

コメント

間口で税金は 日本でもいろいろな所に有りますが
ヨーロッパでもありますね。
昔は 面積と言う概念はなかったのでしょうか(笑)
1枚目 右の長い塀は どなたかの豪邸の物なのでしょうか?
右と左の世界が 違うようで とても興味が有ります。

投稿: 夢民谷住人。 | 2015年11月27日 (金) 19時28分

こんにちは! 夢民谷住人さん。
昔は土地もたくさん余っていて面積にさほどの意味はなかったのかもしれませんね。
それに比して客入りの要の間口はやっぱり重要だったのでしょうね。
お屋敷風の建物もいくつかありましたが、夕暮雨の中、詳しく見る余裕はありませんでした。
…ちょっと遠めですが、また訪れてみたい町です…。

投稿: TOOLKIT | 2015年11月28日 (土) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩スナップ 取手と龍ヶ崎 12 | トップページ | 散歩スナップ 取手と龍ヶ崎 14 »