« 河川敷 | トップページ | お休み »

2011年10月 1日 (土)

川底を歩く

1110011

台風前には川底だった所を歩いてみる…

1110012

遺構だった昔の橋桁が流されていた…

1110013

かつての橋桁を飾っていた煉瓦…

1110014

台風に負けなかった花…。

この間の台風で大きく流れが変わった多摩川。
その「元」川底を歩いてみた。
ゴロタ石の河原を渡ると「元」中州にたどり着く。
流された古い橋桁が見えた。
鳥たちはどうしたのだろうと思った途端、カワセミが一直線に飛んだ…。
…いつもコメントを頂くcenttamaさんに情報を頂きました…。

(画像はクリックで大きくなります…お手数でなければお試し下さい)

多摩川河川敷 E-3 ZD14-54mm

|

« 河川敷 | トップページ | お休み »

コメント

すごい台風だったですもんね、それにしてもすごい変化です。
川が氾濫して地形が変わり肥沃な土地になる、自然な変化を抑えるわけですから。治水は難しいですね。
今度私も歩いてみようっと。

投稿: みや | 2011年10月 1日 (土) 21時09分

あれは昔の橋桁だったんですか!?
ずーっと何だろう何だろうと思っていたのです。
それにしても以前は2本直立していたのに、今の状態は・・・
あんな重く大きなものをひっくり返してしまうとは、水の力には全く恐れ入ります。

引用して下さって恐縮です。
今日も実はここを見てきました。TOOLKITさんにお会いできるかな?と思って(爆)

投稿: centtama | 2011年10月 1日 (土) 23時11分

こんにちは!みやさん。
根本的な問題として、人は自然に勝てない!ということですよね。
余りにもスケールが違うので、いくら技術開発しても予算をつぎ込んでも
暫時の対策になるだけのようです。
…自然に活かされているというスタンスが大事なような気がします…。

投稿: TOOLKIT | 2011年10月 2日 (日) 16時28分

こんにちは!centtamaさん。
あらら、ニアミスをしていたんですね(笑)。
人間の作った構造物など、自然の前では玩具同然ですね。
さすがに今の橋は大丈夫みたいが、年々台風も強力になるようです。
…いつまでも安心は出来ないかもしれないですね…(汗)…。

投稿: TOOLKIT | 2011年10月 2日 (日) 16時32分

多摩川の流れが変わったのですか?
知りませんでした。
やはり凄い台風だったのですね。
遺構の橋も流される前に見ておけばよかった。
TOOLKITさんの多摩川はぼくが歩く所より少し上流のようですね。

投稿: grassmonblue | 2011年10月 3日 (月) 09時40分

こんにちは!grassmonblueさん。
今回の台風では大きく流れが変わっていました!。
今日も覗いてきましたが、まだ本流は白く濁っています。
ホントに凄い台風だったんだなぁ…といまさら…。
…私が歩くのはどうしても日野橋の前後が多くなってしまいますね…。

投稿: TOOLKIT | 2011年10月 3日 (月) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河川敷 | トップページ | お休み »