« 紅葉散歩 鎌北湖 カイツブリ編 | トップページ | 紅葉散歩 里山夕暮時 »

2010年12月 4日 (土)

紅葉散歩 鎌北湖 ウスタビガ(薄手火蛾)編

1012041

枝に抱きついているフワフワな生き物…

1012042

黒い瞳が魅力的ですね…

1012043

ちょっと恥ずかしそう?…

1012044

脚までフワフワ…

1012045

なんだか眠そうにも見えますね…

1012046

この子、翅はこんなに痛んでいて…

1012047

発見時は草と蜘蛛の巣に絡まりびしょ濡れでもがいていました…。

お散歩の途中で救出した美しい蛾。
せっかくなのでモデルになってもらいました。
今回はマクロ好きがもう一人、協力して撮影しました。
救出直後は元気が無く、もう駄目なのかと思っていましたが、
美女の声援のせいか、風で翅が乾いたせいか、いくらか元気になりました。
…撮影時にはヤママユかと思っていたのですが(その時はヤママユの名前も出なかった…)
調べてみたらどうやらウスタビガの♂のようです。(自信なし…汗)

鎌北湖(飯能市 12/1 撮影) E-3 ZD 50mm Macro +EC14

|

« 紅葉散歩 鎌北湖 カイツブリ編 | トップページ | 紅葉散歩 里山夕暮時 »

コメント

蛾 
見ただけで蛾だとわかりますね。
触角も 戦隊物に出てくる 怪人の様です(笑)

投稿: 夢民谷住人。 | 2010年12月 4日 (土) 21時32分

子供時分、早朝電柱にヤママユとかオオミズアオとかが
沢山へばりついていて不気味だったのを思い出しました(笑)
あるいは春先山へ分け入ると
前年羽化したクスサンの繭が枝にぶら下がってるとか。
そうした光景は田舎ですら全く見なくなりましたが
それはそれで、まあ、良かったかも・・・(笑)

投稿: prekujira | 2010年12月 4日 (土) 21時42分

こんにちは!夢民谷住人さん。
触覚が特徴的ですよね!!。
ぬいぐるみのような胴体に、美しい翅。
…もっと元気な状態で会いたかったです、が、元気だったらこれほど寄らせてはもらえないでしょうね…(笑)。

投稿: TOOLKIT | 2010年12月 5日 (日) 15時18分

こんにちは!prekujiraさん。
この手の蛾、一匹なら可愛いですが、大挙しているとちょっと不気味ですよね…。
オオミズアオ、素晴らしく美しくて好きなのですが、最近はめったに見る事がありません。
…生物多様性、なんて難しい議論はともかく、色んな虫がいた方が私は嬉しいなあ…。

投稿: TOOLKIT | 2010年12月 5日 (日) 15時21分

こんばんは♪
大きそうな蛾ですね
葉脈みたいな触角がカッコいい!
動物っぽいフサフサの毛がみっちり
メスはどうなんでしょうね

投稿: エフ | 2010年12月 5日 (日) 22時15分

こんにちは!エフさん。
結構大きいです!
雄はこの大きな触角で雌のフェロモンをかぎ分けるそうですね。
だから雌の触角は、ずいぶん小ぶりなようですよ。
…色んなサイトの写真で見る限り、体毛は似ているようです。
来シーズンも会えるかな…(遠い目…)。

投稿: TOOLKIT | 2010年12月 6日 (月) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉散歩 鎌北湖 カイツブリ編 | トップページ | 紅葉散歩 里山夕暮時 »