« セセリチョウ | トップページ | 雨上がりの水田で セキレイ »

2010年11月 1日 (月)

猛禽風 カラス

1011011

木立の上で…

1011012

大きく羽根を広げて…

1011013

堂々たるポーズを決めている…

1011014

見なれない鳥…

1011015

 

仲間が脇を通過、たしかに同じ姿…

1011016

黒いのは頭だけ…

1011017

地面にいても明らかに色が違います…

1011018

先陣を切って飛んでいる姿は猛禽風…。

一時期市内で話題になっていた白いカラスに遭遇。
白いと言っても真っ白ではありません。
鳶の色を薄くしたような感じですね。
明らかに色は違いますが、集団から差別を受けているようには見えませんでした。
ちょっと色が違うだけで、全く印象が変ってしまうものですね…。
…どの写真も遠くから写しトリミングしたものなので画質がイマイチです…(汗)…。

くにたち界隈 E-3 ZD50-200mm+EC14

|

« セセリチョウ | トップページ | 雨上がりの水田で セキレイ »

コメント

これはビックリしました。
というのも私もこのカラスは目撃しています。
最近近所(国立市東4丁目)では見かけなくなって
どこに行ったのかと思っていました。

投稿: masa_akasu | 2010年11月 1日 (月) 20時53分

こんなカラスは 見たことがないですね。
見た目で 判断するのは 人間だけですね。
醜いあひるの子は 人が考えた お話ですネ♪

投稿: 夢民谷住人。 | 2010年11月 1日 (月) 21時26分

・・・E-5が切実に欲しくなる展開じゃないですか(^^;)

投稿: mosyupa | 2010年11月 1日 (月) 21時26分

私が最も最近撮ったのは一月半ほど前なのですが
容姿が結構変わっていることに驚きました。
夏毛と冬毛???
ともあれ今日の我がblogに上げましたので
比較してみてください。
違いが面白いです。

投稿: prekujira | 2010年11月 1日 (月) 22時10分

こんばんは♪
おー脱色したのかカラーリングしたんでしょうか
茶色っぽいカラスは何ガラス?
ミヤマガラスでしょうか
黒いカラスより目立たないですね

投稿: エフ | 2010年11月 1日 (月) 23時07分

本当に猛禽風ですね〜、
白い個体って結構いるんですね。

投稿: みや | 2010年11月 2日 (火) 12時55分

こんにちは!@masa_akasuさん。
市内では結構話題になっているようですね。
ところが今回2種類の白いカラスがいる事が判りました。
もう一頭は今回もコメントを下さったprekujiraさんのサイトに載っています。
谷保界隈で見かけていたのは私の撮ったタイプでしたが、もう一羽いるとは驚きました…。

投稿: TOOLKIT | 2010年11月 2日 (火) 14時37分

こんにちは!夢民谷住人さん。
黄色い鴨も白いカラスも差別されていませんね…。
たかだか見かけの色で差別するのは人間ぐらいのかなぁ。
…全く恥ずかしい話ですね…(汗)。

投稿: TOOLKIT | 2010年11月 2日 (火) 14時39分

こんにちは!mosyupaさん。
ええ、確かにE-5だったらもう少し精細感が出たかも…?
…なんて、その手には載りませんよ!!
宝くじが当たったら速攻で買いに行きますけどね…(笑)。

投稿: TOOLKIT | 2010年11月 2日 (火) 14時41分

こんにちは!prekujiraさん。
全然違いますね!
くにたちという狭い地域に変わり種が二羽もいるなんて驚きです!!。
ブログが無ければ、気づきもしない事ですね…。
…改めて情報技術の進化にビックリです!!

投稿: TOOLKIT | 2010年11月 2日 (火) 14時44分

こんにちは!エフさん。
えっ、おしゃれのために脱色?(笑)。
確かに群れの中でも目立っていますよね。
でも、木立の中では保護効果抜群です。
黒は意外と目立ちますものね。
…並んでいると普通のハシボソガラスと同じに見えますね…。

投稿: TOOLKIT | 2010年11月 2日 (火) 14時47分

こんにちは!みやさん。
ねっ、これで嘴を少し湾曲させたら、猛禽そのものですよね!。
カルガモやカラスは個体数が多いので、出現率も高いのかな…。
…猛禽よりも撮りやすそうなので、時々観察してみようと思います…。

投稿: TOOLKIT | 2010年11月 2日 (火) 14時50分

カラスだったんですね。
4枚目までは???でした。
注目してもらって王様気どりかな?
それにしても初めて見ました。
アルビノという感じはしませんが、どうなんでしょう。

投稿: grassmonblue | 2010年11月 2日 (火) 18時13分

こんにちは!grassmonblueさん。
アルビノというと、もっと真っ白な印象ですが…。
これも個体変異の一種なんでしょうね。
真っ黒よりもこちらの方が人間受けしそうな気もします。
…賢いカラスですから、それに気づいたらひょっとして…(笑)。

投稿: TOOLKIT | 2010年11月 3日 (水) 14時18分

私も見に行ってきました。
茶色のハシボソガラスですね。
大学通り脇で2008年7月18日に見かけたものと同じ姿のようでした【HPを参照http://tamegorou.sakura.ne.jp/Bards-2/index.html】。
このブログを見るまでカラスの噂は知りませんでした。
同じ固体かどうかに興味がりますので2008年ごろの情報が有ば御願いいたします。

また、一緒に群れているのがハシブトガラスなので驚きです。

投稿: なか | 2010年11月 8日 (月) 10時33分

こんにちは!なかさん。
HP拝見いたしました。
そっくりですね、同じ個体かも…。
数年前から目撃情報があり、私も目撃してはいました。
普段全く野鳥に興味ない知人達からも早く撮って見せろと言われていたのですが、なかなかチャンスに巡り会えませんでした…(汗)。
…ムクドリの動画、面白かったです(笑)。

投稿: TOOLKIT | 2010年11月 8日 (月) 15時39分

情報有難うございます。
同一固体と確信しました。
一度みてから、探していたのですが再度会えなっかたのと、弱々しい印象だったので居なくなったと思っていましたが、仲間との頼もしい姿を見て安心しました。

投稿: なか | 2010年11月 9日 (火) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セセリチョウ | トップページ | 雨上がりの水田で セキレイ »