« | トップページ | アゲハチョウ »

2010年8月29日 (日)

大物 カワウ

10081291

カワウが大きな獲物を捕らえました…

10081292

ちょっと大物過ぎない?…

10081293

無理だと思うけどな…

10081294

なかなか諦めませんね…。

このあと、しばらく格闘した後にようやく諦めました。
魚(ヘラブナ)はグッタリとして死んだのかもしれません。
食べられないほどの大物を捕まえてはいけないですよね…。
しかも、ここはヘラブナの釣り場なんですよ…(汗)。
一時は河川の環境悪化で絶滅を危惧されたカワウ。
いまは繁殖しすぎて悪者にされているカワウ。
…いずれにしても問題は人間の側にありそうですね…。

宮沢湖(埼玉県 8/26 撮影) E-3 ZD50-200mm、ZD50-200mm+EC14

|

« | トップページ | アゲハチョウ »

コメント

スゴイ闘魂(?)ですね。多摩川でも、放流した魚をみな鵜が食べてしまう、と
地元の方が苦い顔でおっしゃってました。
娘の「鳥はどうして魚を丸飲みするの?」との質問に、咄嗟に
「歯がないから」と答えましたが、こんな消去法的な答えでいいのやら・・・(汗)

投稿: centtama | 2010年8月31日 (火) 12時26分

うひょー、あの時の鵜はやっぱしでかいの捕まえて右往左往してたんだー、自然界に人の手が入ると思わぬしっぺ返しがきますね。いまや川鵜は鮎を放流する漁業組合の天敵です。

投稿: 東大和市 伊藤 | 2010年8月31日 (火) 15時04分

こんにちは!centtamaさん。
捕まえる前に大きさをよく見てよ!って言いたくなるくらい大物でした。
魚を見たら食べるのが本能なのはわかりますが、食べられないのを捕ってしまうのは、ちょっと賢くないですよね。
…うーん、娘さんの質問…私も全く同じ回答をしてしまうと思いました(笑)。

投稿: TOOLKIT | 2010年8月31日 (火) 18時20分

こんにちは!東大和市 伊藤さん。
拡大してよく見るとカワウの胴体と同じくらいの太さがありました。
さすがに無理ですよね。
傷ついて死んでしまう魚がかわいそうです。
漁協は最大の被害者であり、最大のカワウの味方という何とも矛盾した現実…。
…自然に手を加えられるほど、人の知恵は行き届いていないようですね…。

投稿: TOOLKIT | 2010年8月31日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | アゲハチョウ »