« ノスリ 生きること その2 | トップページ | ノスリ 生きること その4 »

2010年2月13日 (土)

ノスリ 生きること その3

1002131

鋭い爪と嘴、そして美しい流線型の体…。

目覚めると細雪が舞っていました。
バンクーバーオリンピック開幕の日にふさわしいかも…。

…食事シーンが続きます。
明日で終わりですのでもう少しお付き合いください。

小宮公園(2/9 撮影) E-3 TAMRON SP300mm f2.8  (60B)

1002132

力を振り絞ります…

1002133

上手く行かないようです…

1002134

飛んでしまうのかと思いましたが…

1002135

より安定した姿勢を作るためでした…

1002136

脚の逞しさが際立ちます…

1002137

毛皮をはいでいます…

1002138

少し興奮しているようですね…

1002139

胴体を裂いて…

10021310

内臓を食べ始めました…。

猛獣は獲物を捕まえるとまず内臓から食べ始めると聞いたことがあります。
このノスリも内臓を食べているときが一番興奮しているように見えました。
食べやすいのでしょうね…。
この後、しばらく内臓を食べているのですが…あまり気持ちよくないので割愛。
…明日で最終回です。

|

« ノスリ 生きること その2 | トップページ | ノスリ 生きること その4 »

コメント

迫力満点のカットが続きますね。
何といっても
昨日の3枚目、ネズミの頭が見える画像は圧巻です。
生態写真としても一級ですね。
以前カナヘビがギフチョウを襲い、チョウの頭部をまず噛み切ったところを見ました。
猛禽も獲物を頭から食べるのは初めて知りました。

本日は8枚目、いかにも怖そうな迫力が印象的です。

投稿: grassmonblue | 2010年2月13日 (土) 17時49分

ネズミ一匹食べるのに結構時間がかかるのですね。
しとめるのには、もっとかかっているのでしょうけど。
それだけに、楽しい時間なんでしょうね。

投稿: みや | 2010年2月13日 (土) 19時57分

猛禽類は 貴重ですから 頑張って生きて欲しいです♪
私達は 手を貸すことは出来ませんが せめて 生きていく邪魔だけはしないようにしたいです。

投稿: 夢民谷住人。 | 2010年2月13日 (土) 20時54分

よくぞ撮れた!!という連続ですね!
かなりの時間がかかっているようですが、やはり生きていくのは楽ではないですね。
TAMRONのレンズのおかげか柔らかい雰囲気で、衝撃度合いは少ないと思います(^^;)

投稿: CatBear | 2010年2月13日 (土) 21時11分

こんにちは!grassmonblueさん。
普段ノスリを撮影するとかわいらしく写ることが多いのですが、
さすがに今回は迫力ある顔つきのショットばかり。
猛禽の面目躍如といったところです!。
…頭から食べるのは、やはり確実に仕留めるためなのでしょうかね?。
狩りが毎回成功するというわけではないようですから…。

投稿: TOOLKIT | 2010年2月14日 (日) 09時44分

こんにちは!みやさん。
食べることは生きること!ですよね〜。
そして、食べるのはやっぱり楽しいようです。
…今回はジックリと食べていたようです。
前回、桜ヶ丘で会ったノスリは数分でネズミを平らげたと目撃した人が言っていました。
緊迫した状況だと丸呑みに近いのかもしれませんね…。

投稿: TOOLKIT | 2010年2月14日 (日) 09時47分

こんにちは!夢民谷住人さん。
一時は数が激減した猛禽。
こうして近所で見られるようになって本当に嬉しいことです!。
彼らの生活が守られるように、せめて環境に配慮した生活を送らねばいけないな、と痛感しました…。

投稿: TOOLKIT | 2010年2月14日 (日) 09時49分

こんにちは!CatBearさん。
身近な環境で、こういった撮影が出来たことは本当にラッキーだったと思います。
一頃に比べて農薬などの使用が減って、すこしは猛禽たちも暮らしやすくなったのでしょうね…。
この環境を守るのは私たちの義務なのですよね!
…これを今時のマクロレンズで撮っていたら、また違ったイメージになるでしょうね〜!(汗)。

投稿: TOOLKIT | 2010年2月14日 (日) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノスリ 生きること その2 | トップページ | ノスリ 生きること その4 »