« ホタルガ vol.3 | トップページ | ヤマトシジミ »

2009年6月23日 (火)

ベニシジミ

0906231

昼頃から真夏の日差し…

0906232

大急ぎで出かけた緑地では…

0906233

ベニシジミがお出迎え…

0906234

やはり日差しが嬉しそうでした!…。

この時期、とても貴重な太陽が顔を出しました!
慌てて散歩に出たものの…強烈な蒸し暑さにダウン寸前。
草むらの中は湿った地面から上がる湿気のせいでムンムンでした。
5分と経たぬうちに汗だくに…防滴仕様のカメラで良かった〜!
ポタリポタリと汗を落としながらの撮影でした(笑)。

矢川緑地 E-3 ZD 50mm Macro +EC14

|

« ホタルガ vol.3 | トップページ | ヤマトシジミ »

コメント

TVのニュースで東京の暑そうな光景やってましたよ。
こういうお天気でも、晴れたらTOOLKITさんは散歩行ってるなぁとは思ってましたが、予想通りですね(^^;)
その汗の結晶のベニシジミ、落ち着いた色合いですてきです♪

投稿: CatBear | 2009年6月23日 (火) 17時09分

矢川まで来たんですね!?(^^)
あそこはハンノキがたくさん植えられてるので
いつかミドリシジミを見られるようにしようかな、
と、企んでます。(^_^;)
今年は綺麗に整備されたので珍しいトンボでも来てくれたら嬉しいんだけど・・・。
ムラサキシジミは何度か見たんですよ!(^^)

投稿: ゆたか。 | 2009年6月23日 (火) 21時40分

私もやっと ベニシジミが撮れました。
今年は 蝶の数が少ないのか 出てくるのが遅かったのか 私も やっと撮りました(汗)
先日の撮影の際 私も蒸し暑さにダウン寸前でした(汗)(汗)
そして カメラが熱くなっていたのが 怖かったです。

投稿: 夢民谷住人。 | 2009年6月23日 (火) 22時10分

汗をかきながら渾身の写真を撮る…まさにボクたちの夏ではないですかっ!!
写真を撮るのに夢中になっていると、気づいたら汗だくになっていることが稀にあります(汗
でも、それがまた気持ちよかったり。

写真を撮るのに夢中になって、熱中症などにならないように注意ですね。
まめに水分補給をしないと、大変なことになります。

投稿: KUZU | 2009年6月23日 (火) 22時27分

こんにちは!CatBearさん。
作品の出来はともかく、汗の結晶である事は間違いありません!(笑)。
カメラボディーが汗まみれになっていましたからね〜。
…あまりカメラ掃除をしない私も、さすがに帰宅後に水拭きしました…。

投稿: TOOLKIT | 2009年6月24日 (水) 16時05分

こんにちは!ゆたかさん。
矢川緑地もちょくちょく覗くのですが、幼児の集団に出会う事が多くて…(汗)。
環境整備前にはイトトンボも居たんですが、今回は見かけませんでした。
数頭のアゲハを見ましたが、遊んではもらえなかったです…。
…ミドリシジミが見られたらうれしいですが…まさか…(笑)。

投稿: TOOLKIT | 2009年6月24日 (水) 16時09分

こんにちは!夢民谷住人さん。
ベニシジミゲットおめでとうございます!。
そうそう、カメラもかなり熱くなりますよね!
どうせならその熱でファインダーが曇らないようにしてくれると助かるんですけどね〜!(笑)。
…気温が上がるのが早かった割には蝶の出が遅い気がしますよね。
ようやくヤマトシジミをそこここで見るようになってきました。
ちょっと嬉しいです。

投稿: TOOLKIT | 2009年6月24日 (水) 16時11分

こんにちは!KUZUさん。
いや〜、僕たちの夏!と叫べる程には若くなくなってしまいました(笑)。
たった一時間でバテバテですからね〜。
公園の水道水をグビグビ飲みながら、撮影してました。
「中年カメラマン公園で熱中症」…なんて新聞に出たらなさけないですもの(笑)。
…ホント気を付けましょうね!

投稿: TOOLKIT | 2009年6月24日 (水) 16時15分

flagToolkitさん こんばんは!

ホントに ハッとするような 綺麗なブルーですね!
ホタルガが こんな綺麗な色だとは知りませんでした。
次回会ったら、このブルーを撮ります。

投稿: 愉快な仙人 | 2009年6月25日 (木) 23時52分

こんにちは!愉快な仙人さん。
素敵なブルーですよね〜!
どうして今まで気づかなかったのか不思議です。
個体差なども大きいのでしょうね。
…素敵な写真、楽しみにしてま〜す。

投稿: TOOLKIT | 2009年6月26日 (金) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタルガ vol.3 | トップページ | ヤマトシジミ »