« 闖入者  シジュウカラの営巣 | トップページ | 柚子の花 »

2009年5月 7日 (木)

悲しいです… シジュウカラの営巣

0905071

ヒナが死んでしまいました…

0905072

こんなに深いところにいたんですね…

0905073

黄色い嘴が三羽分見えました…

0905074

こんな姿を見る事も…もう出来ません…、…。

朝から仕事場で待っていたのですが、親鳥が来ません。
昼頃に思い切ってライトを持って巣穴に…。
…眠っているようなヒナの姿が深い穴の底に見えました。
塀を叩いて見ても反応がありません…。
想像ですが、夜の間に降った雨で凍えてしまったのでしょう…。
とても残念な結末です…悲しいです…。
巣穴から出して墓を造ってやろうと思ったのですが、
穴が狭く深過ぎ、どんな道具をもってしても届きませんでした。
諦めて小石を集めて穴を埋め、少しだけ土を盛って墓としました。
…自然界で成長する事の厳しさ…わかっているつもりでしたが…
こうして目の当たりにすると、やはり辛いですね…。
…見守ってくださった皆様と共に、ヒナ達の冥福を祈ります…。

自宅にて E-3 ZD50-200mm、DMC-FX07

|

« 闖入者  シジュウカラの営巣 | トップページ | 柚子の花 »

コメント

残念でした。
やはり自然の中で生きていくのは大変なことだと実感しました。
今朝はこちらで巣立ったばかりらしいシジュウカラの幼鳥を見ただけに、余計残念です。

投稿: CatBear | 2009年5月 7日 (木) 20時58分

あ~・・・残念ですね。
飼っていた訳でないし、親鳥にこちらの気持ちは伝わらないでしょうけど、私には良~く分かります。

以前うちのBlogにツバメの雛をUPした事がありますが、その後猫にやられちゃいました・・・一羽も巣立つことなく。
その前の年は蛇に、去年はカラスに・・・・。
もう営巣しない様に巣を壊したのですが、今年もまたやって来て様子を伺っている様です。

巣作り始めたら、壊して追い払おうか迷い中(;;)

投稿: Tom | 2009年5月 7日 (木) 21時17分

残念ですが、自然ですから仕方ないと思うしか・・・。
ご冥福をお祈りします。

投稿: prekujira | 2009年5月 7日 (木) 21時37分

悲しいことですね。
私も この巣を見た時 雨が降ったら・・・と思いましたが!
スズメは この事を 叫んでいたのでしょうか?
今度は 良い巣穴を探してもらいたいですね。

投稿: 夢民谷住人。 | 2009年5月 7日 (木) 21時38分

コンクリブロックの防水性と保温性が足りなかったのでしょうか…
翻ってみると、我々人間(特に先進国)はほとんど全ての子供がちゃんと育っています。
これって自然界において非常に特殊というか、すごいことですよね。
車やらエスカレータやら危険は一杯なので、毎日が地獄と紙一重なわけですが。

投稿: centtama | 2009年5月 7日 (木) 23時08分

身近でこんなことを目にするとたまらない気持になりますね。昨日まで元気に口を開けて餌をおねだりしていたかもしれないのに。自然の厳しさを痛感します。生命力の強いものだけが生き残って種を残す世界と、それを失った人間。どちらが生き残るんでしょうか?

投稿: porco | 2009年5月 7日 (木) 23時49分

悲しいですね~
いっしょになって、見守っていた気分でした。
そうですか、親鳥はもう来ませんでしたか。
われわれは、自然界からもう一度素直に学び直したいものですね。

投稿: grassmonblue | 2009年5月 8日 (金) 00時51分

こんにちは。CatBearさん。
そちらには、生まれたてのシジュウカラもいるんですね!
こちらの親鳥たちにも、再度安全な巣で子育てに挑戦して欲しいです…。
来年は巣箱でも置いてやろうかな…。

投稿: TOOLKIT | 2009年5月 8日 (金) 16時52分

こんにちは。Tomさん。
…いっそのこと巣を壊そうか…そういう気持ちになりますね…。
でも、せっかく来てくれるのですから、なにか、巣を作るだけの理由があるのでしょうね…。
他の場所はもっと危険なのかも…。
…自然に生きるって、本当に厳しい………。

投稿: TOOLKIT | 2009年5月 8日 (金) 16時55分

こんにちは。prekujiraさん。
そうなんですよね…。
わかってはいるんですが、大家でしたから…。
大屋と言えば親も同然…って訳です。
…また、こんどね…。

投稿: TOOLKIT | 2009年5月 8日 (金) 16時58分

こんにちは。夢民谷住人さん。
…そうか、スズメはこの事を予感していたのかも…。
私も夜中に雨の音で目が覚めて、大丈夫かなあ…と心配だったのですが、
傘を差しかける訳にも行かず…。
…運命ですから、仕方がないですね…。
次はこれに懲りて横穴を探してもらいたいものです…。

投稿: TOOLKIT | 2009年5月 8日 (金) 17時00分

こんにちは。centtamaさん。
人間はしぶといですよね、繁殖力が強い上に、環境まで自分に合わせて作り替えますから…。
そのかわりに環境破壊やら、食料不足やら…というもっと大きな問題を突きつけられている訳で…。
大きな目で見たら、どちらが安全なんでしょうね…?

投稿: TOOLKIT | 2009年5月 8日 (金) 17時02分

こんにちは。porcoさん。
本当に、がっくり来てしまいました。
ひさびさに心が痛くなりました。
でも、これが自然なんですよね。
親鳥も、これで学習して、次はきっと素敵な巣を造ると信じて…。
…最後に生き残るのは…まず、人間ではないような気がします…(汗)。

投稿: TOOLKIT | 2009年5月 8日 (金) 17時05分

こんにちは。grassmonblue さん。
親鳥は冷静に死を受け入れたのでしょうね。
そして、願わくば、次の子育てに向かって行ったと思いたいです。
…学ぶべき事は、生きている限りずっとありますね。
つくづく、そう思いました。

投稿: TOOLKIT | 2009年5月 8日 (金) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闖入者  シジュウカラの営巣 | トップページ | 柚子の花 »