« ハヤブサ・チョウゲンボウ  観察記録 | トップページ | セキレイ »

2008年11月 8日 (土)

急ブレーキ  ミサゴを観察

0811081

おや!あれは…  (川の中ほどを見ています)

0811082

急ブレーキ!!…  (顔はそのまま、翼でブレーキ)

0811083

全制動!!!…  (翼を前に振って急停止…すごい)

0811084

ふう、見逃すところだったぜ…。 (直角ターン成功!)

今日も換算1400mmのピン甘写真です…(汗)
一瞬の間にターンするミサゴを連写してみました。
背景の位置で、ターンの急激さがわかると思います。
撮影場所からミサゴまでの、おおよその距離は400〜450m。
もちろん、いつものように手持ちです。
マニュアルフォーカスの難しさが体験できますよ(笑)。
…そもそも、肉眼では豆粒にしかみえませんでした…。
覗いているだけでも、超望遠って楽しいな〜。

多摩川河川敷(日野市 11/6撮影)
E-3 Nikon Reflex 500mm f8 New +EC14

|

« ハヤブサ・チョウゲンボウ  観察記録 | トップページ | セキレイ »

コメント

なるほど、そういう世界なんですね。
すごい\(◎o◎)/  こういう解説があるとさらに楽しめます。
これからも、頼みます。

投稿: grassmonblue | 2008年11月 8日 (土) 18時24分

猛禽類の写真を撮るのも大変なのに すごいシーンを 見事に捉えてますね(^-^)/
そもそも よく見つけられますね。
私には とても無理なので 望遠の世界は こちらのブログで 覗かせて頂きます(^▽^)/

投稿: 夢民谷住人。 | 2008年11月 8日 (土) 19時01分

あー、覗き魔がいまぁ〜す♪
思いっきりアヤシイと思いまぁ〜ス(笑
、、、というか、E-3の手振れ補正も凄いですが、
ボディ内補正ですから、ファインダーは
それこそ凄い事になってるはずなんですが、、、
私は1000mmでも酔っぱらいそうになりますよ(笑

投稿: M2 | 2008年11月 8日 (土) 23時22分

450m先の世界ですか?恐るべし1400mmですね。
ミサゴさんは、いいエモノでも見つけたんですかね?飛行中に90度ターンなんて、大した運動神経だなあ。それを見つける方も凄いけど(;´Д`)

投稿: porco | 2008年11月 8日 (土) 23時45分

ミサゴの急降下に追いついていますね!
海辺で何回か撮りましたが、急なダイブに振り切られてばかりです(x_x)

投稿: CatBear | 2008年11月 9日 (日) 11時34分

こんにちは!grassmonblue さん。
楽しんでいただけたようで嬉しいです!。
ちょっとマニアック過ぎるかな…と悩んだんですよ〜。
また、面白いものが撮れたらやってみます。

…そうそうは撮れないとおもいますけれどね〜(笑)。

投稿: TOOLKIT | 2008年11月 9日 (日) 16時09分

こんにちは!夢民谷住人さん。
せっかく入手したレンズを、何とか使いこなしたい一心で、修業中です。
そろそろ老眼がきつくなってきたので、遠くばかり見えているのかも(笑)。

…たぶん同じように河原でじっとしていたら、誰にでも見つけられると思いますよ〜!

投稿: TOOLKIT | 2008年11月 9日 (日) 16時13分

こんにちは!M2さん。
確かにファインダー像は揺れますが、すっかり慣れてきました。
長時間覗いていると、距離感がおかしくなりますけれど…(笑)。

このレンズ、見た目は小さいので、素人さんにはたいした望遠には見えないでしょうから、覗きにも最適ですね〜。
ただし、晴天時の屋外で順光の場所という限定付きですよ!f11なんですから(笑)。

投稿: TOOLKIT | 2008年11月 9日 (日) 16時19分

こんにちは!porcoさん。
はい、我ながら恐るべきレンズだと思います(笑)。
安くて小さくて軽いのに、超望遠なんですから…。

ミサゴ、時にはホバリング状態になってから急降下することもあります。
すばらしい運動神経に感動しますよ!
まさにエアロバティック機を彷彿とさせます。
…問題はだいぶ飛行機より小さい事ですかね…(笑)。

投稿: TOOLKIT | 2008年11月 9日 (日) 16時24分

こんにちは!CatBearさん。
きっと近くからミサゴを撮られたんでしょうね〜!

これだけ遠くからだと、意外にもファインダーには入れておけます。
…ただ、ピントが合わないだけです。(爆)

投稿: TOOLKIT | 2008年11月 9日 (日) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハヤブサ・チョウゲンボウ  観察記録 | トップページ | セキレイ »