« 見る・見られる | トップページ | 多摩川漫歩 »

2008年3月22日 (土)

久しぶりの晴天

0803221

雨に洗われ、緑鮮やかな公園… ヒヨドリがお出迎え…

0803222

紅梅に現れたのは、初撮影のビンズイ…

0803223

新芽とアオジのコラボレーション…

0803224

帰り際にシジミ発見!…ことしの初シジミです!…うれしいな〜!

桜ヶ丘公園 E-3 ZD50-200mm +EC14

|

« 見る・見られる | トップページ | 多摩川漫歩 »

コメント

こんばんは♪
コラボだ~緑のコラボ~
上手いですね、ニクイと言ってもいい!
さてこのシジミは何シジミ?
(エフはわかりましぇ~~ん)

投稿: エフ | 2008年3月22日 (土) 22時51分

こんばんは!エフさん。
この質問を恐れていたのですよ…。
見つけた場所が林の淵で、羽裏の黒点も小さめで、飛んでいるときにほぼ全面が水色に見えたので、ルリシジミだと思うのですが…。
なにしろ、羽を開いてくれませんでしたので、断言はできません。

でも、まずは、初シジミ発見というだけでも大満足です…。

投稿: TOOLKIT | 2008年3月23日 (日) 00時15分

1カット目のバックのボケいいですね、雰囲気です。
下のコメントで、鳥撮りのバック処理の話しが
「あぁ、なるほど」と思わず納得してしまいました。
長玉の明るいレンズが必要になる理由なんですね。

去年トンボを良く撮影したのですが、
ある行動があり、習性を知ると撮りやすくなりました

鳥にも、似たような行動パターンがあるんじゃないでしょうか
人気の枝とか。そこいらへんを待ち伏せして撮るとか
取りあえずは、バードウォッチングから。
あっ、その前にレンズを決めなくちゃ^^;

おっしゃるように、ルリシジミみたいですね、吸水中は羽閉じるみたいです。

投稿: ふぉ〜す | 2008年3月23日 (日) 04時21分

こんにちは!ふぉーすさん。
昆虫も鳥も背景処理はむずかしいです…。
レンズのせいだけではなく、やはり腕前の差も相当あります!
もっと鳥に近づく事が出来れば、ボケはきれいになるはず。
鳥たちにストレスをかけずに、もっと近づく方法を修行中です。

鳥撮影のレンズにSigma150mm Macroにx2テレコンではどうなのでしょうか…。興味があります。
換算600mmマクロ!虫でも鳥でもドンと来い…とはならないのかな…。

やはり、ルリシジミでしたか!、ご指摘に感謝!いたします。

投稿: TOOLKIT | 2008年3月23日 (日) 08時25分

初シジミ、ルリシジミというところがうれしいですね。
早春のルリ色は魅力的です。

わが宿に春の風吹き ひとひらの花の舞ふごと るり色の蝶来ぬ

いずくより舞ひ来たるらむ ひとひらの花とみまがふ 庭の初蝶

ぼくも今日会えましたのでそのうちUPします。

投稿: grassmonblue | 2008年3月23日 (日) 18時08分

こんばんは!grassmonblueさん。
はい!鮮やかな水色の印象が素敵でした。

素敵な歌まで…。ありがとうございます。

grassmonblueのシジミ楽しみにしています!。

投稿: TOOLKIT | 2008年3月23日 (日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見る・見られる | トップページ | 多摩川漫歩 »